2019年3月2日土曜日

台原小学校4年生「南フロリダ大学とスカイプで交流しようパート2」

2019219日(火)

 台原小学校4年生102名は、南フロリダ大学オーナーズカレッジの学生さんとの2回目のスカイプ交流の日を迎えました。午前9時(フロリダ時間午後7時)にスカイプがつながると、テレビ画面の向こうに学生さん20名、アドバイザーのアーニー・メヒアスさん、インストラクタ-兼通訳の酒井敦子さんの合計22名の方々がオーナーズカレッジの会議室に集まっていました。交流はUSF側からスタート。
学生たちは、学生の好きな食べ物をテーマにした「ミルクシェイク」、子どもたちもよく知っている食べ物の分子構造をテーマにした「化学記号」、タンパの街で学生たちがよく食べるランチをテーマにした「キューバのサンドイッチ」、音楽で感情を表現することをテーマにした「リズム」の4つのグループに分かれてプレゼンテーションとクイズを行いました。グループメンバーそれぞれが自分の名前を言って自己紹介したあと、各テーマに関係する言葉を英語と日本語で書いた紙を見せながらゆっくり英語を発音すると、子どもたちもそれをまねて発音。楽しく英語を学ぶことができました。

1.ミルクシェイクグループ
大学生が「ヘルシーではないけれど、アメリカ人が大好きなおやつです」とミルクシェイクを紹介、その作り方を実演しました。はじめに「ice creamアイスクリーム」と「milkミルク」を混ぜます。次に、色着けとして、「blue 青」と 「pinkピンク」のうちどちらかを子どもたちに選んでもらい(多数決で青に決定)、「blenderブレンダー」を使ってすべてを撹拌していきました。今度はトッピング。「whip creamホイップクリーム」をのせたあと、「strawberry いちご」あるいは「chocolateチョコレート」と、「sprinklesスプリンクル」あるいは「cherryチェリー」のどちらかを選んでもらいました。その結果、多数決でチョコレートとチェリーに決まり、それらをトッピングしてミルクシェイクが出来上がりましたが、その食べ方に特徴がありました。学生がポテトチップをミルクシェイクにつけて食べはじめたのです。「アメリカではこうやって食べるんだ。君たちもこうして食べたことある?」と聞くと、子どもたちは「ない」。でも美味しそうに食べる学生から「食べてみたい?」と聞かれて、「食べてみたい!」と大きな声で応えていました。


ミルクシェイクの作り方を実演

2.化学記号グループ
はじめに、大学生が「いろいろな物体の分子の勉強をしましょう」と子どもたちに話しかけました。その物体とは、「vitamin CビタミンC(オレンジに含まれている)」、「chocolateチョコレート」、「potassiumカリウム(バナナに含まれている)」、「salt塩」、「water水」の5つ。英語と日本語の言葉と一緒に分子構造が描かれている紙を見せながら、それぞれの物体がどんな分子の形をしているかを説明したあと、子どもたちにクイズを出しました。
「オレンジに含まれている分子は何ですか」と言う質問には、すかさず「 ビタミンC!」。物体を見せながらそれが何かを当てる質問には「チョコレート、カリウム、オレンジ、塩、水」とすべて正解。次は分子の絵から物体を当てる問題。少し難しかったようですが、頑張って当てることができました。おもしろかったのは水の分子の絵を見て元気よく手を挙げて出てきた子が「ミッキー!」と答えたとき。子どもたちも大学生も大笑いでした。大学生が水の分子の形を説明したとき「ミッキーのようだね」と言ったことが頭に浮かんだのでしょう。
「この分子は何?」「ミッキー!」


3.キューバのサンドイッチグループ
このグループは、ラテンアメリカ系の学生たちがキューバの文化紹介として、ランチによく食べるというサンドイッチの作り方を教えました。
使われる食材は、「Cuban breadキューバのパン」「pork豚肉」「salamiサラミ」「picklesピクルス」「Swiss cheeseスイスチーズ」「mustardマスタード」の6種類。学生たちは、それぞれの食材のイラストに、食材の言葉を英語と日本語を表記した紙を掲げて紹介しながら、子どもたちと一緒に発音してみました。そして、フランスパンに似た形をしたキューバのパンの真ん中を横に切り、その中に順に食材を挟んでいき、最後にトースターで押すようにして焼きます。サンドイッチができるまでの間、学生から「好きなランチは何ですか?」と質問があり、子どもたちは「おにぎり!」「給食!」と元気いっぱいに答えていました。しばらくしてトースターを開けると、中から焼きあがったばかりのキューバのサンドウィッチが。匂いは届きませんでしたが、美味しそうに食べる学生さんの顔を見て子どもたちはうらやましそうに見ていました。
キューバのサンドイッチの出来上がり
4.リズムグループ
最後のグループは、ギターやボンゴなどの楽器を持って登場。「リズムは音楽のパターンを作ります。リズムでいろいろな感情を表現できるので、みんなで一緒にリズムを作ってみましょう」と呼びかけました。そして、「happy 幸せ」「sad悲しい」「excited ワクワクする」をリズムで表現することになりました。学生たちが楽器で奏でるリズムに合わせて、「Listen聞く」という紙が出たら学生のお手本を聞く、「Repeat繰り返す」が出たら学生のやり方をまねて手拍子でリズムを作る、「Stop 止まれ」が出たらやめる、ことを約束してはじめました。
最初は「happy 幸せ」の表現。みんなでサムズアップをして幸せをジェスチャーしたあと、学生のあとに続いて手拍子でハッピーなリズムを作りました。次は、みんなで泣いているふりをしてから、手拍子で「sad悲しい」を表現。最後は、ほっぺたに両手を広げてワクワク感を作ってから、手拍子で「excited ワクワク」するリズムを作りました。

「excitedワクワク」するリズムをつくろう

今度は台原小学校の番です。子どもたちは、宮城県の見どころや名物についてのプレゼンテーションを行いました。
松島はきれいな景色と、カキや焼きかまぼこなどの食べ物が有名なこと、大崎八幡宮のどんと祭は3百年の歴史があるお正月のお祭りであること、仙台七夕は全国的にも有名なお祭りで、短冊に願い事を書いて竹につるすと願いがかなうとされていることなど、写真を見せながら、歴史や特徴などを分かりやすく紹介しました。また、学生さんたちにクイズを出して学生さんたちが参加できるような工夫もありました。「仙台には新幹線や地下鉄などの電車が走っていますが、電車に必要なものは何でしょう?」には「線路」。子どもたちは「駅」。どちらも電車に必要なものですね。こけしの紹介では、「こけしは何でできているでしょう?」これにはすぐに「木」と答えて正解。
「こけしは何でできているでしょう」
圧巻は全員で踊る「すずめ踊り」。子どもたちは、お揃いの青い半纏を着て、手作りの扇子を持って丘の子広場をいっぱいに使って元気よく踊りを披露しました。今回の学生さんたちは、5月に台原小学校を訪問することになっています。子どもたちが「台原小にいらした際は一緒に踊りましょう」と呼びかけると学生さんたちもみんな手を振って喜んでいました。
元気いっぱいにすずめ踊りを披露

2018年12月3日月曜日

立町小学校5年生「西公園遊びひろばをデザインしよう」完成発表会

20181127日(火)

1016日の模型づくりから1か月余り、子供たちの想いのこもった模型をお披露目する日を迎えることとなり、日本建築家協会東北支部宮城地域会(JIA宮城地域会)主催のアーキテクツウィーク201820181127日~30日)の中で完成発表会が開催されました。会場のせんだいメディアテーク1階オープンスクエアには、市民、建築家、保護者など約80名の方々が集まっています。司会はJIA宮城地域会の渋谷セツコさん。子供たちは大勢の大人の前で始めは少し緊張気味でしたが、はじまると「西公園遊びひろば」のデザインポイントを元気よく大きな声で発表することができました。
遊びひろばのデザインについて発表

● Aグループ「大人も子供も安心して過ごすことのできる公園」
・池は落ちないように柵を工夫し、浅いところでは入って遊ぶことができる池
・軽食をとったり、会話をしたり、広瀬川が眺められるデッキ
・ランチをしたり、子供の見守りをすることができる休憩所
・花のまわりをライトアップし、夜も見られる花畑と橋
・夏の暑さでも快適に歩けるようミストシャワーがある道
Aグループ「大人も子供も安心して過ごすことのできる公園」

● Bグループ「楽しく体を動かせるアスレチック公園」
・小さい子にはボールプール、子供には迷路、大人には健康器具など年代に合わせて利用できるアスレチック
・楽しい形でペットと一緒に運動できるクマ型のドッグラン
・車いすでも使えて、冬はそり遊びもできる丘
・丘や公園の木々を見て楽しみながらゆったり運動できる道
・浅くて小さいエリアと噴水のある大きいエリアがある魚型の水遊び場
Bグループ「楽しく体を動かせるアスレチックス公園」


● Cグループ「一日中、花と緑を楽しむことができる公園」
・雨に強い丈夫な木材を使い、木の匂いを楽しむこともできる木製アスレチック
・星を見たり、川のせせらぎの音を聴いたりしてリラックスできる広瀬川の上の小屋
・季節ごとに変わる花の色と香りを楽しめるグリーンアーチ&フラワーロード
・七夕をアレンジした明かりや季節に合わせたライトアップ
・丘やトンネルや芝生があるドッグラン
Cグループ「一日中、花と緑を楽しむことができる公園」

● Dグループ「自然を楽しみながらのんびり散歩ができる公園」
・花のアーチや木々を眺めながら楽しく歩くことができる散歩コース
・屋根に草や花を植えて自然風景に溶け込むようにしたトイレ
・休んだり、ランチをすることができるよう、散歩コースの途中に設けたいろいろなベンチ
・地下鉄も見えて、夏も快適に過ごせるグリーンカーテンのある丘の上の休憩スペース
・子供用の遊具ゾーン、大人用のバスケットボールゾーン、野球やサッカーゾーンの3つに分けた遊び場
Dグループ「自然を楽しみながらのんびり散歩ができる公園」

発表が終わると熱心に聞き入っていた参加者から大きな温かい拍手が送られました。
最後に、子供たちの代表から、西公園の再整備を担当している仙台市百年の杜推進部の岡本一郎部長にデザイン内容をまとめた報告書を手渡しました。岡本部長からは、「五感を活かしながら広場を楽しむことができる提案になっています。これからもデザインすること、考えることを続けてほしい。そして、これからみんなの意見を参考に整備していきたい」との感想がありました。
立町小学校校長の堤祐子先生からは「自分のまちを素敵にし、幸せを与えるための勉強でした。未来の仕事はAIがほとんどできるようになるそうですが、人間にしかできないこと、それはこの学習のようにチームでアイデアを出して一緒に作り上げていくことです」との話がありました。
岡本部長と校長先生の感想やお話しを聞いた子供たち。その顔には、自分たちも公園づくりの役に立ったのだという誇りや、話し合って問題を解決し、「みんなが楽しめる公園」のデザインを成し遂げることができたという自信にあふれているように見えました。


子供たちの模型と図面は、一緒に活動してきた山形大学地域教育文化学部佐藤慎也研究室の学生の作品とともに4日間にわたり展示されました。27日の夕方には子供さんに連れられて模型を見に来たお父さんもいて、発表を聞くことができなかった多くの方々で賑わいました。
展示された模型に見入る保護者と子供たち

2018年11月25日日曜日

台原小学校4年生「南フロリダ大学とスカイプで交流しよう」

20181120日(火)

台原小学校4年生102名は、南フロリダ大学(USF)オーナーズカレッジの学生13名とスカイプを使って交流しました。この学習は、2019516日にUSFオーナーズカレッジの学生20名と講師の酒井敦子さんが台原小学校を訪問し、デザインワークショップなどで触れ合う予定があるため、事前に互いを理解し合おうという目的で行われました。会場は音楽室、午前9時(フロリダは午後7時)にスカイプをつなぎ開始しました。はじめはUSF側から。スポーツ、化学、音楽、キャンプの4つのテーマごとに分かれたグループによるプレゼンテーションとクイズがありました。
   スポーツグループ
大学生がスポーツ名を英語とカタカナ表記した紙を見せながら、その動きを体で表現し、子どもたちに、自分たちの動きを真似するように促します。大学生が「stop」と言ったらやめて、次の動きにうつります。
Rock climbingロッククライミング 、Baseballベースボール、Volleyballバレーボール、
Basketball バスケットボール、Lifting weightsウェイトリフティング、Bowlingボーリング
Fishingフィッシュイングなど。子どもたちは一生懸命体を動かしていました。
 最後に紙だけを見せて、「覚えていますか?やってみましょう。」と子どもたちに動きを再現してもらいました。
「Basketbalだよ。ボールを持ってシュート!」
テレビを見ながら「それっ、シュート」

   化学グループ
次は、「elephant toothpaste ぞうの歯磨き粉」を作る化学実験。水+洗剤+イースト+秘密の材料“実は、炭酸化水素(オキシドール)”を混ぜて実験を行います。まずは、ペットボトルの中に、水から順に入れていき、着色顔料を投入する段になり、大学生から、青、黄、緑のなかから選ぶように言われた子どもたち。多数決で決まったのは黄色。きれいに黄色に染まった液体に、いよいよ秘密の材料を混ぜることになりました。「これを混ぜると、何が起きるでしょう」の質問に、子どもたちの答えは「1.爆発する」「2.泡立つ」「3.固まる」。実験を開始すると、ぶくぶくと泡立つように膨らんで、固まったようにも見えました。そして最後は温度が上がって温かくなったそうです。23も正解ですね。
見る見るうちにこんなに膨らんでびっくり

   音楽グループ
「きらきら星」を大学生がウクレレの演奏に合わせて歌います。はじめに、「Twinkle, twinkle,little star, How I wonder what you are! Up above the world so high, Like a diamond in the sky」という歌詞のなかから、「Starほし」「Worldせかい」「Diamondダイアモンド」という3つの言葉を英語と日本語の表記で示して、子どもたちと発音の練習をします。その後、曲を歌い、途中で、3つの言葉が出てきたら、大学生と一緒に子どもたちも歌います。すると、繰り返し歌ううちにだんだん発音が上手になっていきました。
「3つの言葉が聞こえたら、その言葉を一緒に歌おう」
   キャンプグループ
いろいろな道具を見せて小学生に何の道具かをこたえてもらいます。答えは、英語表記で回答を示します。はじめは、「この袋の中身は何でしょう」と黒く細長い大きな袋を見せます。子どもたち「キャンプ用のいす」「テント」。答えは「Tent」。すると大学生、やおらテントを組み立て始めました。「えっ、あそこ(あんな狭いところ)に立てるの?」という声が後ろから聞こえてきます。
そして、「Compass方位指示器」「Sleeping bag寝袋」「Flint & Steel火打ち石と鋼」「Flash light懐中電灯」といったキャンプ道具が次々に示され、子どもたちもそれに対して積極的に答えていました。

最後は、グラハムクラッカー、チョコレート、マシュマロを使った、キャンプに欠かせない食べ物「S’mores」づくりの実演。キャンプでは、マシュマロをキャンプファイアーの火であぶり、中が柔らかくなったところでクラッカーとチョコレートではさむのだそうですが、ここでは火を使えないのでマシュマロをクラッカーとチョコレートではさんでS’moresのできあがり。大学生が食べてみせると、子どもたち「おいしいそう!」と盛り上がりました。
出来上がったS'moresを見せる学生さん
後ろは組み立てたテント
次は、台原小学校の番です。子どもたちは、自分たちのまち自慢として、東照宮、伊達政宗、ずんだもち、笹かまぼこ、牛タン、羽生結弦さんについてイラストや写真を見せながら紹介、それが何なのか誰なのか質問しました。正解だったのは羽生さん、さすがに有名ですね。そして学年じまん。「みんな優しく仲良し」「一致団結、なんでもチャレンジ」「歌がとても上手」の3つ。そしてその自慢の歌「with you smile」を披露しました。ハーモニーが美しく、大学生から大きな拍手が送られました。
最後は、子どもたちから大学生に質問と感想タイム。「英語が聞けて楽しかった」
「(大学の)学年はいくつありますか」、大学生「基本的には4年。1年生はfreshman 2年生はsophomore 3年生はjunior 4年生はseniorと呼びます」
「授業は何がありますか。一番好きなのを教えて下さい」という質問に対しては、各々回答しましたが、なかでも、「このクラス(酒井さんの)が一番好き」という点で一致していました。
大学生からも質問。「1クラス何人ですか」に対して「34人で、全学年で102人います」、「好きな授業は」については、算数、理科、体育などの返事。「好きなアニメ」については即「ワンピース!」。すると大学生も「Oh, One piece!」と応じていました。 

こうして楽しい時間が瞬く間に過ぎました。
子どもたち「忙しい中、実験、準備ありがとうございます」「宮城に来て、ずんだ、牛タン食べてみてください」とお別れの言葉を言うと、大学生も全員前のほうに集まって大きく手を振り笑顔でお別れしました。

 2019219日、もう一度スカイプ交流を予定しています。今度は、5月に実際に台原小に来る大学生たちです。どんな交流が待っているのか楽しみですね。